鍵開けとは

鍵開け、と聞くとみなさんどのような場面や状況を思い、連想するのでしょうか。
鍵開けという言葉じたいは、わたしたちが普段口にすることは、おそらくあまりないことでしょう。日常会話において、いったいどのような話の流れから、鍵開け、なるワンフレーズが飛び出るというのでしょうか。少なくともわたしには、取り引き先の商社の、その相手社員とのビジネスライクなやり取りの中はおろか、友人や妻子との何気ないひとときの間に挟む屈託のない言葉の内にすら、とうとうこの鍵開け、なる単語を見つけすくい上げることはかないそうにないのです。おそらく、みなさんもわたしと似たり寄ったりの結果でしょう。
では、その行為じたい、となるとどうでしょう。そうなれば話は大きく変わります。何故ならわれわれ現代人にとって、鍵開けという行動は、切っても切り離せないものだからです。はたして、鍵開けなる行為を一度たりともおこなわずして過ぎ行く一日が、いったいいくつありましょうか。もし実際にそのような一日が奇跡的に生まれたとして、それはわたしたち現代人の一生のなかの、どれほどの時間をしめることになりましょうか。多くても、両の手の指で事足りるか、その前後といったところでしょうか。
わたしたちの生活に鍵という存在と、鍵開けという行為は、密接に結びついているものなのです。

引越しの見積もりをしたいならこちらへGO!




What's New

2013/02/19
最新記事3を更新。
2012/11/20
最新記事2を更新。
2012/10/15
最新記事を更新。
2012/06/22
問われるべきはを更新。
2012/06/22
落とし穴を更新。
2012/06/22
便利すぎてを更新。
2012/06/22
日常でを更新。
2012/06/22
鍵開けの意識を更新。
2012/06/22
ホームページリニューアル

Recommend Entry

防犯意識

鍵が開かなくなったら業者さんに頼るのは必然的ですが、そうでない場合でも、業者さんは力になってくれます。今よりも防犯性を高めたいときなど、相談すると色々な提案をしてくれますよ。

焦らずに

鍵開けが必要になるのは、緊急時です。たいてい、焦ってしまって判断力が鈍ってしまいますから、いざというときのシミュレーションを考えておくといいでしょう。

鍵のスペシャリスト

カギを開ける、よく聞くピッキングですね。この技術は今では実に様々な手法で取り扱われています。よく思い描くのが、カチャカチャしている様子。現代でもありますが、アレをするにしてもなかなか難しい技術なんです。

RECOMMEND SITE